紛争鉱物対応方針

中央アフリカ諸国で採掘される鉱物資源が、人権侵害、環境破壊などを引き起こしている反社会的勢力の資金源になることが懸念されている背景により、当社の製品にこれらの地域における反社会勢力の資金源となる鉱物が含まれていないか、サプライチェーンを遡って調査して精錬業者の特定をします。

・紛争鉱物(コンフリクト・ミネラル)調査への取り組み

1.JEITA(電子情報技術産業協会)との連携           2.EICC/GeSI帳票作成                      EICC:Electronics Industry Citizenship Coalition        GeSI:Global e-SustainabilityInitiative             情報;コミュニケーションテクノロジー業界のメンバーからなる組織(社会)/環境     責任の促進へ世界的な取り組みを推進する。

 調査対象物質【略称:3TG】;                   ①タンタル(Tantalum)                     ②錫(Tin)                          ③タングステン(Tungsten)                  ④金(Gold)                          タンタル(Ta)・錫(Sn)・タングステン(W)・金(Ag)